食品産業は、農林水産業と、いわば「車の両輪」として国民に対し安定的に食料を供給する役割を担うとともに、成熟した今日の消費生活において、消費者ニーズに応じた多様な「食」を提供することによって、国民の豊かな生活の実現に貢献しています。, また、国内で生産される農水産物等の3分の2が食品産業向けであり、食品産業は国産農林水産物の最大の需要者として農林水産業を支えています(図2-16)。, このため、基本計画においては、「国民への食料の安定供給や国産農産物の最大の需要先として重要な役割を果たしている食品産業が持続的に発展し、国内外の原料の調達リスクの高まりや人口減少・高齢化等による国内市場の構造変化等の課題に対応することを通じて、引き続きその重要な役割を果たしていくことが求められている」としています。, 食品産業の国内生産額は、食料品価格の値下げ等により1990年代後半をピークに減少傾向にあります(図2-17)。平成21(2009)年における国内生産額は79兆円で全経済活動(876兆円)の9%を占めています。なお、食品産業においては、食品産業を取り巻く競争環境が厳しさを増す中、規模拡大を通じた競争力の強化や海外市場への展開等を目的とした企業再編が進んでいます。, 今後、少子高齢化や人口減少による国内市場の縮小が見込まれる中、東日本大震災の影響等も加わり、食品産業を取り巻く競争環境は一段と厳しさを増しています。このような中、合併等による規模拡大を通じた競争力の強化や海外市場への展開等を目的とした企業再編が進んでいます。, 食品卸売業界においては、総合商社主導によるグループ内の再編が活発化しており、伊藤忠商事(株)は平成23(2011)年3月に、傘下の(株)日本アクセスを中心としたグループ4社の再編を行いました。また、三菱商事(株)も、同年7月に、傘下の(株)菱食を中心としたグループ4社を合併(社名を三菱食品(株)に変更)することにより、その売上規模は食品卸売業界第1位となることが見込まれています。, 一方、外食業界においては、近年、経営効率化を目的とした企業合併・買収による企業再編の動きは落着きをみせていましたが、同年10月に、老舗外食企業である(株)すかいらーくは、米国の大手投資ファンド会社であるベインキャピタルに売却されました。今後は、買収先企業の下で、事業の見直しを通じた収益改善に取り組むこととされています。また、平成24(2012)年1月、(株)NTT docomoが、有機野菜等の会員制宅配サービス企業である(株)らでぃっしゅぼーやを子会社化するなど異業種間の再編もみられます。, 他方、平成23(2011)年3月11日に発生した東日本大震災の影響は、食品産業全体に広がりをみせており、東京商工リサーチの調査による飲食品製造業の倒産件数は、震災発生前の同年1~3月の対前年同期比が2%増であるのに対し、震災発生後の同年4~9月の対前年同期比は8%増となっています。, この傾向は、飲食業ではさらに顕著であり、飲食業の倒産件数は、震災発生前の同年1~3月の対前年同期比が10%減であるのに対し、同年4~9月の対前年同期比は15%増となっています。, 食品流通業は、食品の品質と安全性を保ちつつ、安定的かつ効率的に食品を消費者に供給するとともに、消費者ニーズを生産者や食品製造業者に伝達する役割を担っています。食品卸売業の事業所数は、平成21(2009)年で7万6千(農畜産物・水産物卸売業3万4千、食料・飲料卸売業4万2千)となっており、近年、減少傾向にあります。これら卸売業の商品販売額(食品以外の販売額も含む)は、平成21(2009)年で82兆円(農畜産物・水産物卸売業38兆円、食品・飲料卸売業44兆円)となっており、近年、減少傾向にあります(図2-18)。, 食品流通業のうち飲食料品小売業の事業所数は平成21(2009)年で37万8千、商品販売額は41兆円となっています(*1)。商品販売額は、食料品スーパーでは、13兆円(平成6(1994)年)から17兆円(平成19(2007)年)に増加し、また、コンビニエンスストアにおいても、4兆円(平成6(1994)年)から7兆円(平成19(2007)年)と大幅に増加しています(図2-19)。一方、食料品専門店・中心店では4割減少しており、食品小売業全体としても減少傾向にあります。, このような中、食品流通を安定的かつ効率的に行うためには、取引の適正化が重要となっており、公正取引委員会は、不公正な取引方法として独占禁止法(*1)で禁止する優越的地位の濫用行為に関して積極的かつ厳正な法執行を行うとともに、実態調査を実施するなどしてその未然防止に努めています。, 公正取引委員会が行った「食料品製造業者と卸売業者との取引に関する実態調査」によると、食料品卸売業者から、「返品」、「減額」、「協賛金等の負担の要請」といった優越的地位の濫用につながり得る行為を受けている食料品製造業者が存在していることが明らかになりました(図1)。, また、これらの行為の原因には、食料品卸売業者が自己の利益確保等のために行っているもののほか、食料品卸売業者が取引先小売業者から要請等を受けて食料品製造業者に不当な要請等を行っている場合があることが明らかになりました(図2)。, この調査結果を受け、農林水産省では関係団体に対し、コンプライアンスの徹底を図るなどの指導を行ったところです。, 卸売市場は、野菜、果物、魚、肉等日々の食卓に欠かすことのできない生鮮食料品等を国民に円滑かつ安定的に供給するための基幹的なインフラとして、多種・大量の物品の効率的かつ継続的な集分荷、公正で透明性の高い価格形成等重要な機能を有しています(図2-20)。しかしながら、近年では加工品や輸入品等、卸売市場を経由することが少ない物品の流通割合が増加していること等により、市場経由率は低下傾向にありましたが、ここ数年は横ばいで推移しています(図2-21)。, 卸売市場は国民生活の安定に資するものとして、その機能の十全な発揮が期待されていますが、卸売市場を取り巻く環境が変化し、生産者や実需者等が求める機能に卸売市場が対応しきれていない状況にあります。, このような中、卸売市場については、基本計画において、「「コールドチェーン(*1)システム」の確立等生産・消費ニーズへの的確な対応や公正かつ効率的な取引の推進等により、その機能強化を図る」としています。, このことを踏まえ、農林水産省は、平成22(2010)年10月、コールドチェーンシステムの確立をはじめとした生産者及び実需者のニーズへの的確な対応、経営戦略的な視点をもった市場運営の確保、中央拠点市場を中心とした効率的な流通ネットワークの構築等を内容とした「第9次卸売市場整備基本方針」を策定しました。, 農林水産省では、この方針に沿い、通知等の見直しを行ったほか、コールドチェーン体制の整備支援や戦略的な経営展望の策定支援等、卸売市場の機能強化に向けた事業を展開しており、市場機能の十全な発揮を推進することを通じて、生鮮食料品等の需要に合った安定供給の確保を図っています。, 外食産業は、多様で安全な食事、快適な時間や空間を家庭の外で提供し、人々の豊かな食生活を実現する上で大きな役割を担っています。, 平成22(2010)年においては、外食産業の市場規模は24兆円と推計されていますが、平成10(1998)年の29兆円をピークに近年減少傾向にあります(図2-22)。一方、持ち帰り弁当店やそう菜店、テイクアウト主体のファストフード店等の料理品小売業を中心とする中食(*1)の市場規模は、緩やかな増加傾向で推移しています。, 外食産業の事業所数は平成21(2009)年で40万3千となっており、兵庫県、愛知県、大阪府、京都府では全産業に占める外食産業の事業所数の割合が8%を超えています(表2-7)。, 外食産業は、従業者数317万7千人を数えるなど大きな雇用を創出していますが、常用雇用者に占めるパートやアルバイトの割合が高いのが特徴で、高齢者の雇用や外国人労働者の活用等を進めている店舗もみられます。, 東電福島第一原発の事故の影響で、40を超える国・地域において、日本食品に対する輸入規制が強化されたとともに、当初は、風評被害による日本食離れが一部の地域でみられました。しかし、日本食は依然として高い評価を受けているようです。, 我が国の外食産業においても、ラーメンチェーンや牛丼チェーン、定食屋、ファミリーレストラン、カレーハウス、回転寿司等、多岐にわたる外食産業の企業が、海外における店舗展開の拡大に、現在も引き続き取り組んでいます。また、海外にある日本食レストランは、外国人が経営するものも含め、3万店ともいわれています。, このように、高く評価されている日本食が世界中でさらに普及し、国内でも次世代に受け継がれるよう、政府として日本食のユネスコ無形文化遺産の登録に向けた取組を推進するとともに、農林水産省としては、海外のレストランにおける日本食の増加、日本産食材の利用拡大、日本の食文化の普及に貢献した料理人を顕彰する「料理マスターズ」顕彰制度の創設等、日本食の普及と伝承に取り組んでいます。, 大臣官房広報評価課情報分析室

ダイヤルイン:03-3501-3883 外食産業の市場規模は、訪日外国人旅行者の増加や1人当たり外食支出額の上昇等により平成24(2012)年からは増加傾向で推移しており、平成28(2016)年は前年に比べ163億円(0.1%)増加の25兆4千億円となりました(図表1-6-7)。

日本の履物市場規模 2018年の日本の履物市場規模は1兆3680億円と、過去十数年間横ばい傾向。 少子化や人口減少の影響もあり、今後も横ばいでの推移が見込まれている。

ポケモンが東京ばな奈になった!?第1弾「ピカチュウ東京ばな奈」が日本各地のセブン-イレブンに続々出... Raspberry Pi 4を組み込んだキーボード型のパソコン「Raspberry Pi 400」が登場。スイッチサイエンスに... 【焼肉きんぐ】「Go To Eatキャンペーン」のオンライン予約を2020年10月19日(月)より受付開始. 「日本のプロスポーツリーグの中で売上規模が大きいのはどのリーグ?市場規模はどのくらい?」, 日本には、サッカー、野球、バスケットボール、バレーボールなどのメジャーなスポーツからマイナーなスポーツまで、様々なプロスポーツのリーグが存在します。, また、「そもそもプロスポーツのリーグってどうやって利益を上げているの?」という疑問を持つ方はこちらを合わせてお読みください。→プロスポーツのビジネスモデルを紹介!売上を決める4つの収入!, 2016ー17シーズンは150億円だったのに対して30.2%の増加を果たし、順調に売上を増加させています。, 全チーム数は、B1、B2が18ずつ、B3リーグが10チームの合計46クラブ。最近では千葉ジェッツに所属する、富樫勇樹選手がBリーグ初の1億円プレイヤーになるなど、選手の平均年俸も次第に上昇していっています。, また八村塁選手がNBAにドラフトされるなど、日本の中でもバスケットボールへの注目は集まっており、バスケットボールの市場規模も更に増えていくことが予想されます。, FIBAから通告を受けていた日本バスケットボール協会は、2014年にはついに資格停止処分を受けてしまいます。, 統一以降順調にリーグの売上もあがり、2017ー18シーズンでは6つの球団が売上高10億円を突破、これからのリーグの伸びも期待されます!, (出所:B.LEAGUE 2017-18シーズン(2017年度) クラブ決算概要 B1クラブ, https://www.bleague.jp/files/user/about/pdf/financial_settlement_2017.pdf), 日本のプロスポーツリーグの中で2番目に売上規模が大きいのが、男子プロサッカーリーグである「Jリーグ」です。, リーグ全体の売上は、2017ー18シーズンには1105億円と、大台である1000億円を超える売上を上げています。, その額は79億7100万円と、前年と比べて13億6500万円の売上増加を成し遂げました。, 最近のJリーグの大きな動きとしては、ライブストリーミングサービスを提供する「DAZN」との放映権契約が挙げられます。, 2017年より10年間、約2100億円の契約で、これによりDAZNはJ1リーグ、J2リーグ、J3リーグの全試合を生中継することができるようになりました。, サッカーファンはいつでも自分の好きな時間に自分の好きな試合をみることができ、また、試合を未だ観たことがない人も手軽にスマートフォンで試合を観られるので、さらなる顧客の増加が期待できます!, 日本のプロスポーツリーグの中で一番売上規模が大きいのが、プロ野球リーグの「NPB」です!, また、阪神タイガーズや、横浜DeNAベイスターズ、楽天イーグルスなど、年商100ー200億の球団が多いことを考慮すると、売上金額は推定で1500億から2000億はあるのではないかと予想されます。, NPB(日本野球機構)の傘下にはセントラル・リーグとパシフィック・リーグの2リーグがあり、両リーグ6球団、計12球団が存在します。, 「スタジアムのボールパーク化」「スタジアムの飲食の本物化」など、試合を観に来たファンがより楽しく、充実した時間が過ごせるような工夫を加えています。, 試合のハイライト映像など短い動画コンテンツをSNSを通じて無料配信するなど、こういった関心度が低い顧客に対してのアプローチも進めています。. 全規模合計 (「良い」-「悪い」・%ポイント、 ( )内は前回調査時予測) 2020年3月調査 2020年6月調査 3→6月 変化幅 2020年9月調査 まで(予) 6→9月 変化幅; 全産業 ( -18) -4-31-27-34-3 コスパ抜群【50%OFF】「しゃぶ食べ」3店舗で黒毛和牛と三元豚の食べ放題コースの“半額セール”を令和2年... 2019年度の国内のドローンビジネス市場規模は前年度比51%増の1409億円、産業に特化した機体やソリューションの増加と提供により2025年度は6427億円へと成長. VTuber事務所「ホロライブプロダクション」、所属VTuber「白上フブキ」「戌神ころね」「Gawr Gura(がう... 提携食品工場募集!飲食業界のDXサービスを展開する「シコメル」が事業拡大により提携工場の募集を開始... プロサウナー11名が厳選した “今行くべきサウナ”ランキング「SAUNACHELIN 2020」を発表. 国内アパレル市場における輸入浸透率は増加し続けており、2018年には97.7%まで増加。 出典:経済産業省「工業統計」 出典:経済産業省「生産動態統計」/総務省「経済センサス」、財務省「貿易統計」 日本繊維輸入組合「日本のアパレル 市場と輸入品概況」 【タイムセール開催!】特別価格の1枚あたり約23円!第3波対策に!即日完売した国際基準の高品質不織布... 「在庫速報.com」、PlayStation®5(PS5™)在庫の最安値検索に対応, 日本の若者が、いま期待する政党は「自由民主党」(64.4%)、首相にふさわしいのは「菅義偉」(46.5%). フォローするとどうなる?

・全産業に占める環境産業の市場規模の割合は、2000年の6.1%から2018年には10.1%まで上昇し、環境産業が我が国に与える影響は大きくなっています。 ②雇用規模 ・環境産業の雇用規模は、2018年に約260.9万人と、過去最大となりました。 「紅白歌合戦はこの人に出場してほしい!」若者が選ぶ出場アーティストに「NiziU」「瑛人」「BTS」がラ... 【ポケモン】新作ネックレス。アローラロコンとアローラキュウコン 。銀色の金属とブルーの樹脂で、こお... 【2020年冬新商品】<新しなやかマスク>-除菌をした日本製・個別包装不織布マスク-初回5万枚早期完売... 人気声優・増田俊樹が30歳を記念し、ファン待望の写真集を発売! 屋久島を舞台に、等身大で自然体な魅力... BtoB受発注プラットフォーム「アイミツ」を運営するユニラボ、14.4億円の資金調達を実施、新たに受発注S... エンタメ領域のデジタル化を推進するブロックチェーン企業Gaudiy、3億円の資金調達を実施. FAX:03-6744-1526, Copyright : Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries, 食品製造業は、農林水産物を加工して多種多様な食料品を製造し、消費者に安定供給するとともに、地域の農林水産業にとって大きな需要先となるなどの役割を果たしています。また、特に農業が盛んな北海道、鹿児島県、沖縄県では、製造品出荷額の3~4割、雇用の面では全製造業の従業者の4~5割を占めるなど、地域経済の安定に重要な役割を果たしています(表2-6)。, *1 生鮮食料品等について、生産段階から消費段階まで所定の低温に保ちながら流通させる体系. 日本酒の市場規模.

ピクシーダストテクノロジーズ、トヨタモビリティ東京の店舗及び鹿島建設の現場で実証実験を実施したwit... IBM、データおよび自動化の新機能でハイブリッドクラウド・ソフトウェアを進化させ、企業のデジタル変革... 世界の法定通貨と連動するステーブルコイン「xcoin」が共通ポイント「Ponta」からのチャージを開始. 「日本のプロスポーツリーグの中で売上規模が大きいのはどのリーグ?」「日本のプロスポーツリーグの売上ランキングを知りたい!」サッカー、野球、バスケットボール、バレーボールなど数あるプロスポーツリーグの中で最も稼いでいるリーグはどこなのか! 「市場規模マップ」によると、国内で自動車、建設、医療についで大きいのが「不動産」市場で、40兆円くらいの規模があります。 日本のGDP(国内総生産)が500兆円くらいと言われていますから、ざっくり7.9%ほどを1つの産業だけで占めているとも言えます。 【第3波に向けた究極のウイルス対策!】医療用レベル(ナノレベル)の捕集力・日本製・持続抗菌・消臭・... 【第3波対策】コロナにインフルエンザに!ウイルスをしっかり遮断し、ウイルスを99%無力化!次世代の日... 「にじさんじ秋満喫ボイス2020」「にじさんじ冬支度ボイス」11月20日(金)18時より同時販売決定!. 「Cyber Monday」じゃなくて「Cyber Moeday」セール開催!オタクファーストなドメイン「.moe」を660円で... 技術論文誌「パナソニック技報」最新号(2020年11月号)発行 【特集】モノづくり革新. さて、上記問いの回答からお話します。日本酒産業のメーカー市場規模は、金額でいうと、4,350億円。小売ベースでは約6,100億円(Clear試算)あります。映画産業や靴産業より少しだけ小さく、またはジュエリー産業の1.5倍くらいです。 フォローした企業がプレスリリースを配信すると、あなたにお知らせメールが届きます。また、あなたのアカウント画面には、フォローした企業のプレスリリースがタイムライン表示されます。フォローするには、Facebookアカウントを使用してログインする必要があります。, インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亨)のシンクタンク部門であるインプレス総合研究所は新産業調査レポート『ドローンビジネス調査報告書2020』(, 企業・事業主ユーザーとして登録すると、プレスリリースの配信・掲載をおこなうことができます, メディアユーザーとして登録すると、記者会見や担当者の連絡先などメディア関係者限定の情報を閲覧できます, フォロワーとして登録すると、フォローした企業のプレスリリースを受信することができます, フォローした企業がプレスリリースを配信すると、あなたにお知らせメールが届きます。また、あなたのアカウント画面には、フォローした企業のプレスリリースがタイムライン表示されます。フォローするには、Facebookアカウントを使用してログインする必要があります。, 大学・専門学校・高校など各種学校の先生、企業研修担当者様向けのテキスト選書用『電子版献本サービス』を開始. 2019年度の日本国内のドローンビジネスの市場規模は1409億円と推測され、2018年度の931億円から478億円増加しています(前年度比51%増)。 食品産業は、農林水産業と消費者の間に位置し、品質と安全性を保ちつつ食品を安定的に供給するとともに、消費者ニーズを生産者に伝達する役割を担っています。以下では、食品産業の役割と動向、卸売市場制度の見直し、食品ロスの削減等について記述します。, 平成23(2011)年の我が国の農林水産物・食品の流通・加工は、国内で生産された9兆2千億円に輸入品を加えた10兆5千億円の食用農林水産物に、流通・加工の各段階で加工経費、商業マージン、運賃、調理サービス代等が付加され、最終的に76兆3千億円となって消費される構造にあります(図表1-6-1)。昭和55(1980)年から平成23(2011)年にかけて、国内最終消費に占める生鮮品等の割合は28.4%から16.3%へ低下し、外食や加工品の割合は上昇しています。また、卸売市場の取扱金額は、直売所やインターネット販売等の様々なチャネルによる卸売市場外流通の増加により、9兆2千億円から6兆7千億円へ減少しています。, 食品産業は国内農林水産業と深く結び付いており、国産食用農林水産物の用途別仕向割合を見ると、金額ベースで食品製造業仕向が59.4%、外食産業仕向が9.2%となっています(図表1-6-2)。一方、食品製造業における加工原材料調達割合を見ると、金額ベースで国産食用農林水産物が69.5%となっています。, 大部分が中小零細企業である食品製造業は、国産食用農林水産物の重要な仕向先であることに加え、雇用の場の提供という役割を有しており、地方創生と地域経済の活性化において欠かせない存在となっています。しかしながら、食品製造業の従業者1人当たりの付加価値額を見ると、製造業全体の1,332万円の66%に相当する882万円と低位にとどまっています(*1)。食品製造業が引き続きその役割を果たし持続的に発展していくためには、消費者ニーズを的確に捉えた付加価値の向上やIoT(*2)・ロボット技術の導入等による労働生産性の向上が重要となっています。, *1 総務省・経済産業省「平成28(2016)年経済センサス-活動調査」の従業者4人以上の事業所における平成27(2015)年の付加価値額を平成28(2016)年6月1日時点の従業者数で除して算出(個人経営事業所を除く。), 甘味、酸味、塩味、苦味に続く第5の味「うま味」は、明治期の東京帝国大学池田菊苗(いけだきくなえ)教授による昆布のうま味成分の発見に始まります。明治32(1899)年に留学先のドイツで最先端の化学を学んだ池田教授は、うま味のある廉価な調味料で国民の栄養状態を改善したいとして研究を開始し、昆布中のグルタミン酸ナトリウムに強いうま味があることを突きとめ、明治41(1908)年に製造に関する特許出願を行いました。, その後、大正2(1913)年には池田教授の弟子の小玉新太郎(こだましんたろう)博士によりかつお節のうま味成分がイノシン酸であること、昭和35(1960)年には民間企業の研究者国中明(くになかあきら)さんらにより干し椎茸(しいたけ)のうま味がグアニル酸に起因することが明らかにされました。, これらうま味成分は、料理で手軽にうま味を引き出せる調味料として商品化され、今日、家庭用、業務用を問わず広く利用されており、調理時間を短くしたいとする食の簡便化に応える調味料の一つとなっています。また、うま味成分を利用した調味料商品は、世界の国・地域にも広がっています。, 食料の国内需要が縮小に向かう中、食品産業の持続的発展に向けては、合併や買収等の事業再編により、経営基盤の強化や事業領域の拡大等を図ることが重要となっています。, 平成29(2017)年8月に施行された農業競争力強化支援法では、農産物流通・加工に関する事業再編の取組を推進しており、事業再編計画の認定を受けることで、株式会社日本政策金融公庫による低利融資等や税制上の支援措置を活用できるようになりました。平成29(2017)年度には、食品小売業者による子会社の吸収合併、食品製造業者による同業他社の一部門の子会社化、米穀卸売業者による製造工場の設備廃棄、食品卸売業者による同業他社の子会社化・吸収合併の合計4件の事業再編計画が同法の認定を受けました。, また、近年、大豆加工品製造事業者による同業者からの事業の譲受けの動き、米の卸売業者による野菜や水産物の卸売業者の買収等の動きが国内で見られるほか、調味料製造事業者による米国の医療食品会社の買収等、成長する食料の世界需要を取り込むためのグローバルな業界再編も進んでいます(図表1-6-3)。, 食品小売業の平成29(2017)年における食料品販売額は前年に比べ1,470億円(0.3%)増加の44兆5千億円となりました(図表1-6-4)。, 販売額が伸びているコンビニエンスストアでは、ファストフード、調理パン、冷凍食品等の販売が好調となっています。また、食料品販売額を1店舗当たりで見ると、店舗数を増やすことによって販売額を伸ばす傾向が続いています(図表1-6-5)。, また、物販系分野の消費者向け電子商取引の市場規模は、平成28(2016)年度で8兆円となっており、このうち食品等は2割に相当する1兆5千億円となっています(図表1-6-6)。食品等は、全取引額に占める電子商取引の割合が他の分類に比べて小さいものの、高齢化の進行や共働き世帯の増加等で宅配ニーズが高まり、また、食品宅配事業へ参入する事業者も見られ、消費者向け電子商取引は引き続き堅調に推移すると見込まれます。, 外食産業の市場規模は、訪日外国人旅行者の増加や1人当たり外食支出額の上昇等により平成24(2012)年からは増加傾向で推移しており、平成28(2016)年は前年に比べ163億円(0.1%)増加の25兆4千億円となりました(図表1-6-7)。また、持ち帰り弁当店や総菜店等の中食産業の市場規模は、高齢化の進行や共働き世帯の増加等による需要の高まりから増加傾向で推移しており、平成28(2016)年は前年に比べ4千億円(6.0%)増加の7兆円となりました(*1)。, 外食・中食業者向けモニター調査(*2)における国産原材料の使用割合(重量ベース)別の事業者割合を見ると、外食、総菜ともに8割以上の階層が最も高く、それぞれ46%、40%となっています(図表1-6-8)。国産原材料の使用を増やしたいと回答した事業者は、外食40%、総菜33%となっており、国産原材料を使用する際の課題としては、外食、総菜ともに、「価格が高い」が最も高く、次いで外食は「生産者、産地、供給元との信頼関係の構築」、総菜は「必要な量を確保できない」、「必要な時期に確保できない」が上位となっています。, 外食産業や中食産業において国産原材料の使用割合を増やしていくためには、米や野菜等の産地と実需者との契約取引により、農産物の出荷量や出荷時期等の問題を解決していくことが重要です。, *1 一般社団法人日本フードサービス協会調べの料理品小売業(弁当給食を除く。)の数値, *2 農林水産省「食料・農業及び水産業に関する意識・意向調査」(平成30(2018)年3月公表。全国の農林水産情報交流モニターのうち、食品製造、食品卸売、食品小売、外食産業の経営に携わっている流通加工業者モニター705人を対象に行ったアンケート調査(回収率65.0%)), 卸売市場は、全国各地から多種大量の生鮮食料品等を「集荷」し、実需者のニーズに合わせて必要な品目を必要な分量だけ「分荷」する役割、小売店等の実需者から販売代金を回収し、早期かつ確実に生産者に「決済」する役割、産地と消費地との間で需給を反映した「価格形成」を行う役割等を通じ、生鮮食料品等の安定供給に向けて、調整機能を果たしています。, 他方、食品流通においては、加工食品や外食での生鮮食料品需要の増加、産直取引等流通チャネルの多様化といった変化が見られ、卸売市場では、これらの変化に対応するため市場関係者が子会社を通じて規制のない市場外取引を行うなど制度と乖離(かいり)した動きが見られるようになっています。, このような状況を踏まえ、卸売市場を含めた食品流通の合理化と生鮮食料品等の公正な取引環境の確保を促進し、生産者・消費者双方のメリット向上につながる食品流通構造を実現するため、「卸売市場法及び食品流通構造改善促進法の一部を改正する法律案」を国会に提出しました。, 消費者による農林水産物の購入先は、従来の食品スーパー中心から、直売所、コンビニエンスストア、ドラッグストア、インターネット販売等へと広がりを見せ、それぞれの購入先に応じて流通チャネルも多様化しています。今後、ライフスタイルの変化等により流通チャネルの多様化が更に進むと見込まれる中、より効率的で有利な流通を求める、流通業者・実需者と生産者の直接取引が拡大すると考えられます。, 農林水産省では、流通業者・実需者と生産者の双方が最適な取引先を見つけられるよう、マッチング支援サイト「agreach(アグリーチ)」を平成29(2017)年6月に開設しました。, 株式会社農業総合研究所の及川智正(おいかわともまさ)代表は、会社勤務、農業を経験後、農業がビジネスとして独り立ちできる仕組みづくりを目指し、平成19(2007)年10月に32歳で同社を設立しました。, 同社のシステムは、農業者が農産物を集荷場に持ち込み、自らが決めた店舗や価格のバーコードシールを貼り付ければ、原則翌朝には都市部のスーパーマーケットの売り場に並ぶというものです。価格の60%から65%は農業者の手取りとなり、店舗での販売情報は農業者に随時メールで届きます。また、集荷場には販売店舗を巡回した同社スタッフのコメントや相場情報は集荷場掲示板や専用ポータルサイトを通じて農業者に提供され、パッケージの工夫、店舗選択、価格設定等に役立てられています。平成29(2017)年度末時点で、同社の集荷場は72か所、登録農業者数は7,300人となっており、2020年までに農業者数を2万人に拡大したい考えです。, 平成29(2017)年2月には香港向け輸出を始めており、将来的には、農業者が海外の店舗を販売先に選択できることを目指しています。, 東京都渋谷区のプラネットテーブル株式会社の菊池紳(きくちしん)代表は、生産者が意欲的かつ持続的に取り組める農畜水産業にしたいとの思いから、金融機関勤務等を経て平成26(2014)年5月に35歳で同社を設立し、その翌年、生産者と飲食店をつなぐ流通システムSEND(センド)を開始しました。, SENDでは、野菜について生産者が種類や収穫時期等の情報を登録すると同社から注文が届きます。飲食店向けはサイズや外観・包装ではなく、鮮度と品質が重要視され、生産者は飲食店が求める品質の野菜を収穫後すぐに同社へ送ります。同社が買い上げた野菜は、受注に基づいてほぼ全て飲食店へ販売・配送されます。同社の需要予測システムによって野菜をロスなく流通させることで、販売価格の8割が生産者に還元されています。, 平成30(2018)年2月末時点でSENDの登録農業者数は4,500人、レストラン数は4,300店となっており、菊池代表は、今後、23区の一部に限定してきたレストランの範囲を都内全域と近隣の政令指定都市に拡大を目指すとしています。, 急速に拡大する食料の世界需要を取り込み、我が国の食品産業の持続的な発展を図るためには、我が国の「強み」である鮮度保持の先端技術等を活かした、農林水産物の生産から製造・加工、流通、消費に至る、フードバリューチェーンの構築を官民が連携して推進し、その事業基盤を拡大・強化していくことが重要です。, このため、政府では、官民による対話等を通じて食品産業の海外展開を促進する環境整備を進めており、平成29(2017)年度には、農業・食品関連産業に係る協力覚書に基づいた日インド官民合同作業部会、日露(*1)農業関係次官級対話、日亜(*2)農林水産業・食料産業対話を新たに立ち上げるとともに、東南アジア諸国等との二国間政策対話の開催、官民ミッションの派遣、官民協議会における食関連企業への投資関連情報の提供等を行いました。, 食品産業は、他産業に比べ労働時間が長いことや、休みが取りづらいなど様々な課題が挙げられており、職場環境の整備等働き方改革が急務とされています(図表1-6-9)。このような中、農林水産省では、「働く人も企業もいきいき食品産業の働き方改革検討会」を開催し、その議論を基に、経営層に対し課題への気づきを促すチェックリストをはじめ、取組へのきっかけづくりとなるよう、取組のポイント等を盛り込んだハンドブックを平成30(2018)年3月に作成しました。今後、食品産業における働き方改革の推進に向けて、各種会議、セミナー等の機会を通じてハンドブックの活用を促していく予定です。, 中小企業においては、深刻な人手不足、IT活用の遅れ等が見られますが、こうした状況下においても設備投資、IT投資、海外展開等の成長投資に積極的に取り組むことにより、労働生産性や収益力の向上を実現している企業があります。, 平成28(2016)年7月に施行された中小企業等経営強化法では、税制・金融等の支援措置を通じ、新たな付加価値の創造や生産性向上につながる成長投資を後押ししており、農林水産省が同法に基づき認定した食品産業等の計画件数は、平成29(2017)年度末時点で5,574件となっています。, 我が国経済を持続的な成長軌道に乗せていくため、下請など中小企業の取引条件を改善していくことが重要との観点から、政府では、平成27(2015)年12月から関係省庁による連絡会議を開催し、取引実態の把握や各種制度の改正などの取組を行ってきました。このような取組の一環として、独占禁止法と下請法上問題となり得る事例を記載した業種別ガイドラインを関係省庁で作成しています。農林水産省では、加工食品の中でも、いわゆる日配品で日持ちがせず、店頭での特売の対象となりやすい豆腐・油揚製造業と小売業との取引を対象として、食品関係では初めてとなるガイドラインを、平成29(2017)年3月に策定・公表しました(図表1-6-10)。, また、平成30(2018)年3月には、「過度な鮮度要求、欠品回避のための短納期発注」、「客寄せのための納品価格の不当な引下げ」等の事例を盛り込んだ牛乳・乳製品に関するガイドラインを策定・公表しました。, さらに、スーパーマーケットやドラッグストアを含む小売業界では、関係業界への適正取引の浸透を目的とした「自主行動計画」を策定し、自ら率先して適正取引の推進を図っていくこととしています。, 世界には8億1,500万人の栄養不足人口(*1)が存在し、持続可能な開発目標(SDGs)(*2)では2030年までに小売・消費レベルにおける世界全体の一人当たりの食料廃棄を半減させる目標が掲げられる中、我が国では国連WFP(*3)の食料援助量の2倍に相当する600万t強の食品ロスが発生しています。世界が食料廃棄を減少させる方向に向かう中で、我が国においても資源の有効利用と環境負荷の軽減の観点から、食品ロスの削減を最優先に取り組み、発生した廃棄物を資源として有効活用することが重要となっています。, 食品ロスの削減に向けては、小売業者では納品期限の緩和(*4)の取組が、食品製造業者では品質保持技術の開発による賞味期限の延長の取組が広がりをみせています(図表1-6-11)。, また、食品製造業者、卸売業者、小売業者の間での取引において、既に納入した商品よりも賞味期限が前の日付のものの納入は受け入れないという慣行があり、このことが食品ロスの一因となっています。このような中、食品製造業者等は、賞味期限が3か月を超える菓子や清涼飲料水等について、年月日表示から年月表示へ切替えを進めています。このことは、賞味期限の日にち部分の逆転による納入拒否の問題が解消され食品ロスの削減につながるとともに、卸売業者や小売業者に出荷作業の省力化や品出しの効率化等のメリットをもたらします。一方で、年月表示への切替えは、例えば「2018年5月5日」の表示は「2018年4月」と表示されるように、1か月に満たない日数の切捨てにより賞味期限が短くなることから、食品ロスの削減に向けては、納品期限の緩和や品質保持技術の開発による賞味期限の延長を併せて進めていくことが必要です。, また、平成29(2017)年10月30日に、「30・10運動」(*5)の発祥の地である長野県松本市(まつもとし)で第1回目となる食品ロス削減全国大会が開催されました。同大会では、ゴミ半減の条例を制定した京都市(きょうとし)や民間事業者の取組が紹介され、食品ロスの削減の取組が広がっていく契機となりました。, 食品産業の製造・流通段階で発生する未利用食品を、必要とする人や施設に提供するフードバンク活動については、認知度が低いことや、利用者・寄付者のマッチングが効率的に行われていないこと等が課題となっています。その解決に向け、平成29(2017)年度においては、情報交換会やセミナーが全国6か所で開催されたほか、食品を譲り受ける団体等が活動を適切に運営できるよう、HACCP(*6)指導者による衛生管理講習会も併せて開催されました。, 発生した廃棄物の有効活用に向けては、食品リサイクル法(*7)の枠組みにより、食品製造業、外食産業等業種別に再生利用等実施率の目標が設定されており、各事業者において取組が進められています。食品製造業では、発生する廃棄物の品質と量が安定していることから多くが家畜の飼料として再生利用されている一方で、外食産業では、廃棄物の分別が困難であること等から焼却処分の割合が多く、発生抑制と再生利用のより一層の推進が必要となっています(図表1-6-12)。, *1 国連食糧農業機関(FAO)、国際農業開発基金(IFAD)及び国連世界食糧計画(WFP)、国連児童基金(UNICEF)、世界保健機関(WHO)「世界の食料安全保障と栄養の現状2017」, *4 商慣行に基づく小売業者の加工食品の納品期限について、製造日から賞味期間の3分の1に相当する日数を経過した日(いわゆる3分の1ルール)から2分の1を経過した日にまで緩和するというもの。現在は、主に飲料と賞味期間180日以上の菓子で取り組まれており、対象商品や取組企業の拡大が今後の課題となっている。, *5 「30・10運動」とは、宴会において乾杯後30分間と終了前10分間は席で料理をしっかり食べる運動のこと, 一般財団法人日本気象協会は、気象条件が消費者の購買行動に影響を及ぼすことに着目し、平成28(2016)年度に、豆腐製造業者、小売業者とともに、豆腐の廃棄(食品ロス)削減の実証実験を行いました。, これまで、小売業者から豆腐製造業者への注文は出荷前日に行われていましたが、豆腐の製造には2日を要することから、豆腐製造業者は、出荷2日前の時点で注文に対し不足することのないよう製造数を多めに設定しており、このことが廃棄の原因となっていました。, 実証実験では、同協会が豆腐製造業者と小売業者の知見を踏まえ、気象データとAI(*1)技術を活用して、出荷2日前の時点で豆腐の販売数を予測する、寄せ豆腐の「豆腐指数」(*2)を考案しました。, 小売業者が寄せ豆腐の「豆腐指数」に基づき出荷2日前の注文を試行したところ、需要予測の精度がこれまでよりも向上し、また、豆腐製造業者は注文を受けてから製造数を設定できるようになったことにより、予測誤差がほぼなくなりました。これにより、豆腐製造業者での廃棄をほぼゼロにすることができるようになりました。, *2 「豆腐指数」は、気象により消費者の購買行動が変化する商品群として、寄せ豆腐(夏季)、厚揚げ(冬季)について作成, 代表:03-3502-8111(内線3260)ダイヤルイン:03-3501-3883FAX番号:03-6744-1526, Copyright : Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries.



西友 ネットスーパー 配達時間 変更 方法 8, クリスティーナ ヤン 子供 5, 自分の性格 一言 例 13, ロエベ 香水 お試し 4, 約束 日にち 勘違い 5, キャンプ マナビス 天気 23, 有吉 安田 呼び捨て 8, Borg 71fl 7214 13, ソニー スポーツ スポンサー 6, 吉 高 由里子 鈴木亮平 熱愛 4, プリウス サスペンション 形式 11, 西武 2018 打線 4, Gジェネ クロスレイズ クレア 5, 高木万平 心平 実家 8, 日出高校 芸能人 乃木坂 6, 参加 させ ていただきたく ご連絡 11, すまたん 野村明大 評判 15, 君をのせて 合唱 三部 4, 危惧 意味 山月記 19, Remini 似たアプリ Iphone 5, 森恵 Covers Rar 7, レベッカ メンバー 現在 23, よく さる 女神転生 4, 将棋会館 羽生 裏切り 13, 倉敷 コロナ感染 Twitter 20, 魚 すくい網 自作 29, カヴァレリアルスティカーナ 歌詞 カタカナ 7, 加藤紗里 出産 配信 4, Fod 画面の録画を検知しました 動画を終了します 21, 青森山田 サッカー 歴代 10番 6, Iphone11, 壁紙 サッカー 4, ゆず 音域 Reason 4, Zdr 015 Sdカード 256gbコムテック Zdr025 説明書 12, ブレックス 遠藤 嫁 19, Aura Kingdom 2 Shinobi Guide 6, チ ジニ 年齢 6, 歌手 声 衰え 8, Ark 公式サーバー アジア 19, 逃走中 動画 2020 4, 釣りよかでしょう きむ 結婚 8, Docomo Cm 大竹しのぶ 5, スタバ パッションティー カスタム 9, ミカルゲ 色違い Oras 27, Youtube カルテット パパス 8, 友利新 子供 受験 14, せき ゆう 米津玄師 44, Party Parrot 著作権 20, 主人公が最強アニメ だけど 隠す 49, セルフィコレクション Switch 評判 38, カシオ ネームランド Kl 570 アダプター 4, 藤原丈一郎 オリックス なんj 9, ドリンクホルダー 持ち歩き 100均 6, 渡る 古語 大鏡 41, 大恐竜展 2020 名古屋 42, メールレディ おすすめ 知恵袋 12, ヤマト運輸 直営店 と は 4, 日本人 ロボット 海外の反応 8, 光 映画 Wiki 7, キューピー 化粧品 口コミ 16, 絶対 零度 7話 動画 4, ポケモンgo Pc 2020 6, Sapica アプリ Iphone 19, 三次 市 Part32 6, 記憶を定着 させる 英語 26, ネプリーグ 佐藤健 見逃し 8, 刑事ドラマ 多い 理由 7, 大草原の小さな家 ネリー パーシバル 46, Begin ボーカル 宇宙人 7, デーモン閣下 ライダー ベルト 24, 怖い話 短編 朗読 11, Anna モデル 韓国 4, ダビマス ウインド イン ハー ヘア 11, Ff11 忍者 Fc装備 6, 実在論 唯名論 違い 17, 日産 クエスト 右ハンドル 18, 宝塚 組 順位 5, ハイキュー 白鳥沢 合宿 マネ 小説 占い ツクール 26, ブレイクスルー 奇跡の生還 Dvd 6, 機動戦艦ナデシコ 劇場版 ネタバレ 14, 50代 何回 できる 53, キャプテン翼 激闘の軌跡 アイテム 9, メイ ウェザー 息子 ラッパー 4, 子供 吐き気のみ 吐かない 4,